不景気の時代であってもお金を持っている人は持っているものなのだから、
そんな景気のいい人たちはパッとお金を使ってもらって、
世の中にお金を循環して景気を良くしてもらいたいものだし、
お金持ちにとって、お金をつかうことは人助けになるのだろうよ。

都心で高額マンション(億ション)の発売が相次ぎ、好調な売れ行きを示している。三井不動産レジデンシャルなどが7月から売り出した東京・六本木の物件は第1期分の9割が売り切れ、住友不動産や東急不動産の物件も堅調な販売が続いている。(夕刊フジ)

億ションはホテル並みの機能充実しているというから、こんなところに住めるとなると
居心地良すぎて、他では住めなくなってしまうかも。
なんともうらやましい話だよ。

EDEL
スチームクッカー
ナラカミーチェ

広告